グリーンブルーは環境汚染でお悩みの地方自治体や企業に向けて環境調査、環境分析、
環境モニタリングをベースに貢献します。

会社案内

会社情報

保有資格の紹介

グリーンブルーのサービスの品質を保証するために自主的な取り組みとして4つのシステム登録を行っています。



(1)ISO/IEC 17025 認定試験所(認定番号:ASNITE/ 0094T)

横浜本社の環境リスク対策ラボでは、(1)絶縁油中のPCBs分析(環境省簡易測定法)について、適切な精度管理を行ない、その結果の信頼性を保証するために、ISO/IEC17025の要求事項に従った試験所認定資格 (ASNITE/ 0094T) を取得しました。なお、絶縁油中のPCBs分析については、我が国で初めての取得です。
ISO/IEC17025の認定は、仕組み・システムが文書化され、その活動実態を記録し、かつ継続的にシステムが改善されていること、さらに提供されるデータが試験方法に基づき精度管理手法が適正であり、分析技術者に必要な技量を有していることを立証するものです。

ISO/IEC 17025 認定試験所(認定番号:ASNITE/JCLA 1019)
ISO/IEC 17025:2005認定取得
当社は、ASNITEに基づく認定試験事業者で、化学製品分野の認定を受けています




(2)JCSS 登録校正事業者(登録番号:0117)

グリーンブルーは「流量」の分野において、計量法校正事業者登録制度に定める校正事業者として、
“環境測定分野で初めて”独立行政法人製品評価技術基盤機構(NITE)の審査を受けて登録されました。
計量法校正事業者登録制度
http://www.iajapan.nite.go.jp/jcss/pdf/JCSS2_201204.pdf 別ウィンドウで開く

  • 国家標準により校正された「特定二次標準器」を所持していること。
  • ISO/IEC17025に適合する品質システムを維持し、運営されていること。
  • 所定の校正手順が定められ、「不確かさ」の見積りを含めて文書になっていること。
  • 手順に従って校正を行う能力として、要員・設備が備わっていること。
  • 試験所間の比較において、不確かさの範囲で結果が一致していること。
JCSS 登録校正事業者(登録番号:0117)

は、計量法に基づく校正事業者登録制度の標章です。
当社は「流量・流速」区分の登録事業者となっています。

>測定機の校正・精度確認・管理



(3)ISO 9001 品質マネジメントシステム登録(認証登録:RB-Q14045)

東京本社で行う環境調査事業と環境監視事業を中心に、品質マネジメントに関わる国際規格 ISO9001の認証を取得しています。品質マネジメントシステムは、当社事業の基本ルールを「品質マニュアル」に体系化して記載したもので、効果的な改善プロセスを通じてお客さまに満足していただけるよう、サービスと製品の品質向上を目指すものです。

ISO 9001 品質マネジメントシステム登録(認証登録:JQA-1457)
登録範囲:横浜本社、東京本社

>品質方針について


(4)ISO 14001 環境マネジメントシステム登録(認証登録:RB-E14019)

横浜本社および東京本社の2つのサイトで環境マネジメントに関わる国際規格 ISO14001の認証を取得しています。環境方針は当ホームページで公開しています。当社の環境負荷低減のみならず、お客さまの環境効率向上と環境経営実現に貢献できるサービスの提供を事業コンセプトとしています。

ISO 14001 環境マネジメントシステム登録(認証登録:JQA-EM5224)
登録範囲:横浜本社、東京本社

>環境方針について

資格保有者数
博士
3名
技術士補
2名
環境計量士
8名
第一種作業環境測定士
3名
大気関係第一種公害防止管理者
2名
水質関係第一種公害防止管理者
3名
気象予報士
1名
危険物取扱者(甲種)
3名
臭気判定士
1名
空気環境測定実施者
1名
特定化学物質作業主任者
1名
上級システムアドミニストレータ
1名
初級システムアドミニストレータ
3名