グリーンブルーは環境汚染でお悩みの地方自治体や企業に向けて環境調査、環境分析、
環境モニタリングをベースに貢献します。

環境サービス一覧

環境サービス一覧TOP

ダイオキシン長期連続装置アメサ

最先端のダイオキシン監視装置を販売しています。

アメサ(AMESA)の品質及び性能については、工業製品の独立審査機関として欧州で最も権威のある TÜV(テュフ)から1998年に認証(ISSN 0939-4729)を受けています。
その後、さらにシステム更新の認証審査もパスして、TUVdotCOM の認証番号も得ています。

環境測定装置のアメサ(AMESA)が完成された工業製品としてテュフの認証を受けるには、下記のような一連の性能試験と品質保証試験に合格しなければなりませんでした。
これらの試験にはダイオキシン類測定以外のテストも多数ありましたが、一連の試験に費やしたダイオキシン類の分析数は500検体にもなりました。

「AMESA(アメサ)」に与えられたTÜV(テュフ)の認証ラベル
アメサ(AMESA)に与えられたTÜV(テュフ)の認証ラベル
TUVdotCOM の認証番号は「0011005400」
実験室での試験
2個の同一なアメサ(AMESA)を用いて次の項目の確認試験を実施
(機能、操作信号、大気温度の稼動可能範囲、供給電圧の変化、排ガス中の水分量、大気の相対湿度、分取ガス量の精度、等速吸引、電気信号等の伝達)
野外試験
3台のアメサ(AMESA)を廃棄物焼却施設にセットして、ダスト量の多い排ガスやダイオキシン濃度の高い排ガスで次の項目の確認試験を実施

(捕集部の破過量、一般的機能性、スタート及び終了時の性能、校正可能性、結果の再現性、装置の耐久時間、装置の検出下限、保守頻度、採取経路中の試料消失率、破過、試料カートリッジの保存性)

品質保証試験
連続測定装置としての要求をクリアしていることや性能を統計的な不確かさで表示するために一連の試験を実施
次の項目を確認

(6〜24時間、1週間、2週間、及び4週間採取における再現性、機差試験、破過試験、採取経路中の消失試験、ブランク試験)

比較試験
ドイツ公定法(6時間試験)とアメサ(AMESA)を用いたサンプリングを並行して行い、公定法とアメサ(AMESA)によるダイオキシン類濃度の比較をして、ほぼ1:1の傾きを持つ回帰曲線が得られることを確認。

これらの厳格な性能及び品質試験を全てクリアしたアメサ(AMESA)は、工業製品としての視点からも万全の性能と品質を持っていることが保証されています。

【関連WEBサイト】
テュフラインランド社ホームページ(日本)
http://www.tuv.com/jp/ 別のウィンドウを開く

関連記事・グリーンブルーペーパーのご紹介

グリーンブルーペーパー一覧を見る
PDFで記事を見る
ダイオキシン類自動採取装置アメサの常時監視への活用− 欧州諸国に学ぶ −
(2006.10)
PDFで記事を見る
環境先進国ドイツの世界最先端技術を日本に紹介!
「ダイオキシン類長期連続採取装置「アメサ」の国内販売総代理店」(2006.3)
PDFで記事を見る
環境調査事業ユニットの仕事について(2005.10)
PDFで記事を見る
ドイツにクラフツマンシップの真髄を訪ねる
−ダイオキシン類連続採取装置「アメサ」の工場訪問−(2004.6)

※各号は別ウィンドウで開きます。
記事の閲覧にはAdobe PDF Readerが必要です。

製品・サービスに関するお問い合わせ
グリーンブルー株式会社
TEL:045-322-3155 FAX:045-410-3460
E-mail:sales@greenblue.co.jp
お問い合わせフォームへ