グリーンブルーは環境汚染でお悩みの地方自治体や企業に向けて環境調査、環境分析、
環境モニタリングをベースに貢献します。

環境サービス一覧

環境サービス一覧TOP

土壌調査分析

汚染土壌の把握や浄化対策に貢献します。

 土壌中の化学物質は、水や大気に比べて組成が複雑で多様な化学反応が生じ、長期的に人体への蓄積が懸念されます。平成3年の環境庁告示の溶出試験27物質に対して、2003年2月施行の土壌汚染対策法では、測定対象26物質、含有試験9物質が追加され、より詳細な汚染物質の把握が必要となりました。

土壌試料の採取状況
表層土壌試料の採取
ドリルによるアスファルト面のはつり作業
ハンド・オーガーによるアスファルト面下の掘削
土壌試料の掘り出し
クラムシェルディガーによる土壌試料の掘り出し
【調査項目】

 土壌環境基準項目・地下水環境基準項目(鉛など)の測定、環境省
http://www.env.go.jp/kijun/dojou.html 

【調査分析フロー】

調査分析フロー

【土壌調査分析の主な実績】
顧客名 業務名
建設会社 土壌分析
環境会社 試験土壌・セメント分析
文京区 土壌汚染の分析
ビル会社 汚泥の分析
【関連WEBサイト】
環境省 土壌関係
http://www.env.go.jp/water/dojo.html 

関連記事・グリーンブルーペーパーのご紹介

グリーンブルーペーパー一覧を見る
PDFで記事を見る
環境リスク対策ラボの紹介(2005.9)
PDFで記事を見る
環境試料中のイオン成分分析−イオンバランスを用いる水質の状況把握−(2005.2)
PDFで記事を見る
水道水中の異物分析−未知物質の調査・分析の事例紹介−(2004.4)

※各号は別ウィンドウで開きます。
記事の閲覧にはAdobe PDF Readerが必要です。

製品・サービスに関するお問い合わせ
グリーンブルー株式会社
TEL:045-322-3155 FAX:045-410-3460
E-mail:sales@greenblue.co.jp
お問い合わせフォームへ