グリーンブルーは環境汚染でお悩みの地方自治体や企業に向けて環境調査、環境分析、
環境モニタリングをベースに貢献します。

環境サービス一覧

環境サービス一覧TOP

発生源監視装置の維持管理

清掃工場や火力発電所など燃焼施設の排ガス測定装置の保守点検を実施しています。

 清掃工場(ごみ焼却場)や火力発電所(石油、石炭、LNGなど)、下水処理場の汚泥焼却炉などの燃焼施設等の他、石油精製施設やセメント工場などのプラントなどでは、排出ガス中の有害物質を連続的に測定しています。有害物質の濃度が排出基準を超えていないことを常時モニタリングすると共に、燃焼施設の排煙処理装置が正常に稼働してことを監視しています。これらの常時モニタリングに用いられる測定器には、十分な感度と測定精度が求められます。
 グリーンブルーでは、排ガス監視装置の性能維持に必要な日常的な保守・点検や定期的点検、校正、緊急時点検などをサードパーティーとして委託を受け、実施しています。排ガスのモニタリングに用いられる測定器から得られる測定データは、燃焼炉などの運転制御にも直接用いられるため、不用意に停止するようなことがあってはいけません。施設の操業ご担当者様と綿密なコミュニケーションを取りながら点検保守作業を実施します。グリーンブルーの持つ信頼性の高い保守点検技能と燃焼施設に関する経験と知識が円滑な施設操業のお役に立ちます。

エンジン排ガスの測定装置についても保守点検を実施しています。

最前線のエンジン開発、触媒開発の現場においては非常にシビアな測定精度が求められるエンジン排ガス分析計が用いられています。グリーンブルーでは、これらの測定器についても定期点検や精密点検を実施しています。排ガス規制対象項目だけでなく、対象外の有害物質の測定にも用いられるようになってきている測定器についてもメンテナンス作業を承ります。

【保守対象機器】

各種多成分計、窒素酸化物(NOx)計、二酸化硫黄(SO2)計、塩化水素(HCl)計、ばいじん計、一酸化炭素(CO)計、酸素(O2)計、排ガス温度計など、どのメーカーの機種でも対応できます。

(排ガス濃度監視装置の保守点検作業)
排ガス濃度監視装置の保守点検作業1 排ガス濃度監視装置の保守点検作業2
【発生源監視装置維持管理の主な実績】
顧客名 業務名
電力会社 火力発電所排ガス濃度測定設備 保守点検
広域清掃組合 清掃工場排ガス分析計定期点検
焼却炉メーカー ごみ焼却設備保守点検

関連記事・グリーンブルーペーパーのご紹介

グリーンブルーペーパー一覧を見る
PDFで記事を見る
環境調査事業ユニットの仕事について(2005.10)
PDFで記事を見る
中国におけるばい煙測定技術−海外技術協力の現場から−(2004.8)

※各号は別ウィンドウで開きます。
記事の閲覧にはAdobe PDF Readerが必要です。

製品・サービスに関するお問い合わせ
グリーンブルー株式会社
TEL:045-322-3155 FAX:045-410-3460
E-mail:sales@greenblue.co.jp
お問い合わせフォームへ