グリーンブルーは環境汚染でお悩みの地方自治体や企業に向けて環境調査、環境分析、
環境モニタリングをベースに貢献します。

環境サービス一覧

環境サービス一覧TOP

室内空気汚染調査分析

ホルムアルデヒドをはじめとする室内空気質を検査し、シックハウス問題に役立つ情報を提供します。

  住宅の高気密化や化学物質を放散する建材・内装材の使用により、新築・改築後の住宅やビルなどにおいて、居住者がめまい、吐き気、頭痛、喉・鼻・目等の痛みを訴える症状が数多く報告されています。症状が多様で、その原因物質や発生の仕組みをはじめ未解明な部分が多く、シックハウス症候群と呼ばれています。

  グリーンブルーでは、建築業界・住宅メーカーからの依頼による住宅引渡し時の空気質検査を行っているほか、厚生労働省の共同研究にも参加し、健康に影響を及ぼす室内汚染物質の測定分析技術の開発に携わりました。

【新築・改装後の室内空気環境の測定】
  • 厚生労働省の室内空気中化学物質標準測定法によります。
  • 対象項目:ホルムアルデヒド、トルエン、キシレン、エチルベンゼン、スチレン
  • 測定方法:
    A.アクティブ法(吸引法): ポンプで室内の空気を捕集管に吸引して、化学物質を捕集する方法です。
    B.パッシブ法(拡散法): 捕集管を室内に丸1日放置し、化学物質を吸着捕集する方法です。
新築マンションの空気質検査の状況(アクティブ法)
新築マンションの空気質検査の状況(アクティブ法)
部屋の中央で、床に置いた小型吸引ポンプで、
捕集管(三脚に取付け)に空気を吸引します。
アルデヒドおよびVOCの捕集管部分の拡大写真
アルデヒドおよびVOCの捕集管部分の拡大写真
【竣工引渡し検査の作業フロー】

竣工引渡し検査の作業フロー

小中学校の普通教室や特別教室などの室内空気環境について、
総合的な調査によりシックスクール問題の解決に役立つ提言をいたします。

 シックハウス症候群と同様に、学校校舎の内装材から放出されるホルムアルデヒドやVOCにより、児童や生徒が異状を訴える事例が報告されました。そこで、全国の自治体と教育委員会は協力して、小中学校の室内空気環境の検査を行い改善に取り組みました。

 グリーンブルーは普通教室、特別教室、体育館などの空気質検査を実施するのみでなく、教室の換気量調査、内装材からの化学物質の放散量調査、学校施設内における暴露量調査など総合的な調査を行っており、効果的な対策に役立つ提言を行います。

(音楽教室での測定)
音楽教室での測定
(体育館での測定)
体育館での測定

2種類のパッシブサンプラー(捕集管)を吊り下げて、24時間にわたってアルデヒド類とVOCを捕集します。
また、同時に温度・湿度のセンサーも設置し、記録を取っています。

教室の自然換気率を炭酸ガス法により計測している様子
教室の自然換気率の測定。室内空気中の化学物質の濃度は、部屋の換気が大きく影響します。
左の写真は、教室の自然換気率を炭酸ガス法により計測している様子です。
床材からの放散量測定
床材からの放散量測定。床面からの化学物質の放散量を測るため、パッシブ法による捕集を行っているところです。
【室内空気汚染調査分析の主な実績】
顧客名 業務名
厚生労働省国立医薬品食品研究所 室内空気汚染物質の分析手法に関する調査
武蔵野大学 室内空気汚染物質の分析手法に関する研究
建設会社 新築住宅の竣工引き渡しに伴う室内空気汚染調査
住宅メーカー
東京特別区の教育委員会 小中学校の空気環境衛生検査
【関連WEBサイト】
(1)厚生労働省:建築物における衛生的環境の確保に関する法律(ビル管法)
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S45/S45HO020.html 
(2)国土交通省:住宅の品質確保の促進等に関する法律(品確法)
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H11/H11HO081.html 
(3)文部科学省:学校環境衛生の基準
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/19/07/07071701/001.htm 
(4)シックハウス問題に関する検討会
http://www.mhlw.go.jp/houdou/2002/02/h0208-3.html 
(5)建築基準法のシックハウス対策
http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/build/sickhouse.html 
【参考情報】
対象物質と指針値・基準値
物質 室内ガイドライン
(厚労省)
品確法
(国交省)
学校環境衛生の基準
(文科省)
ビル
管法
(厚労省)
室内濃度
指針値
備考
ppm μg/m3
ホルムアルデヒド 0.08 100  
アセトアルデヒド       0.03 48  
トルエン   0.07 260  
キシレン   0.2 870  
パラジクロロベンゼン     0.04 240  
エチルベンゼン   0.88 3800  
スチレン   0.05 220  
テトラデカン       0.04 330  
クロルピリホス       0.07 1  
      0.007 0.1 小児
ダイアジノン       0.02 0.29  
フェノブカルブ       0.038 33  
フタル酸ジ-n−ブジル       0.02 220  
フタル酸ジ-2-エチルヘキシル       0.0076 120  
TVOC       - 400 暫定値

関連記事・グリーンブルーペーパーのご紹介

グリーンブルーペーパー一覧を見る
PDFで記事を見る
環境調査事業ユニットの仕事について(2005.10)
PDFで記事を見る
室内環境における揮発性有機化合物に関する一考察(2004.11)

※各号は別ウィンドウで開きます。
記事の閲覧にはAdobe PDF Readerが必要です。

製品・サービスに関するお問い合わせ
グリーンブルー株式会社
TEL:045-322-3155 FAX:045-410-3460
E-mail:sales@greenblue.co.jp
お問い合わせフォームへ